お金目当てでは楽しめない=脳科学実験で初確認―教育上の参考に・玉川大など


興味深いニュースがあったので転載します。

このことについて、ビジネス書作家の本田健さんも同じことを言っていましたが、この理論は自分の仕事に対するモチベーションを管理する時だけでなく、マネージメントにも応用できるかと思います。

~ニュース転載~
お金目当てでは楽しめない=脳科学実験で初確認―教育上の参考に・玉川大など
時事通信 11月16日(火)5時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101116-00000015-jij-soci

 面白いことでもお金稼ぎが目的になると楽しめなくなり、自発的なやる気が低下することが、脳活動の変化として裏付けられた。玉川大の松元健二准教授やドイツ・ミュンヘン大の村山航研究員らが15日までに行った実験の成果で、米科学アカデミー紀要電子版に発表される。これまで心理学の行動実験では知られていたが、脳科学実験で確認されたのは初めて。教育上の参考になりそうだ。
 松元准教授によると、勉強やボランティア活動をしている子供に、思い掛けない褒美をあげるのは励ましになる。しかし、最初から成績に応じた小遣いを約束すると、「やらされている」感覚が生じ、小遣いをもらえなくなったときに意欲が低下する恐れがあるという。

応援クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログへ 

Leave a Reply