優秀な人材を確保するためには?3


 優秀な人材に教育したり、採用して人材を確保できたら、会社に居続けてもらわなくてはなりません。

せっかく育てても流出してしまえば、それに掛けた費用や労力が全て無駄になってしまいます。

ですから、もしあなたの企業が離職率が高いのならば、離職率を下げなくてはなりません。

そのためには、社員の心理を考えなければいけないので、社員が辞める理由を考えてみましょう。

社員が辞めるのは、いくつかの理由があります。
1.給与
2.人間関係
3.仕事のやりがい
4.会社の将来性
5.その他

辞める理由の大半は、これらの理由なので、これらの要素を改善すれば、かなり離職率は改善されるはずです。

※給与は経費と直接関係するので、どうしても改善できない場合は、他の要素で補う必要があります。

1.給与
安い給与しか払わなければ、社員の生活は苦しくなるので仕事に対するモチベーションは低下します。

「衣食足りて礼節を知る」という言葉もありますが、生活が苦しければ、しっかりと働いてくれません。

2.人間関係
上司と部下の関係がうまくいかないのは、マネージャーのマネージメント能力に問題があります。

また、社内や部署全体の人間関係が悪い場合は、ストレスの多い業務をさせている可能性もあるので、ストレスを軽減させる改善が必要かもしれません。

3.仕事のやりがい
なかには、仕事にやりがいを求めている社員もいます。

そういった社員は、安定した企業でもやりがいを求めて辞めてしまう場合もあるので、仕事のやりがいも教えてあげる必要があります。

逆に、仕事のやりがいがあれば、多少給与が少なくてもがんばってくれる社員もいます。

4.会社の将来性
終身雇用が崩れたと言っても、社員も好き好んで他所に移ろうとは考えません。

しっかりと将来がある会社なら、長くいたいと思うでしょう。

公務員や大企業の離職率が低いのは将来性が大きく関与しています。

逆に、経営者の能力が低ければ、優秀な社員ほど、それを見抜き、他所でもやっていけるので辞めていきます。

5.その他
社交辞令を除き、実際に家業を継ぐ、親の介護のため実家に戻るなどの理由の場合は、会社としての対策は難しくなってきます。

何とか妥協点を見つけるか、あきらめるしかありません。

詳しく説明すると長くなってしまうので簡潔に説明いたしましたが、以上の方法を行えば、必ず優秀な人材を確保することができるので、ぜひ実践してみてください。

応援クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログへ 

Leave a Reply