金持ち父さん(倒産)、貧乏父さん(倒産)


タイトルは皮肉です。

久しぶりの更新ですが、今回は『金持ち父さん、貧乏父さん』で有名なロバート・キヨサキ氏について、書きたいと思います。

ご存じの方も多いかと思いますが、ロバート・キヨサキ氏の会社が倒産する予定です。

 

ご存じない方のために、簡単にご説明しますと、『金持ち父さん、貧乏父さん』のブランド化やプロモーションを行っていた会社が、未払いの代金を請求する裁判を起こし、裁判所は料金の支払いをロバート・キヨサキ氏の会社に命じました。

個人の資産や別の会社の資産を注げば払えるのですが、支払いを避けるため、請求された会社を倒産させ、別の会社で事業を存続していくということでした。

 

請求された会社を倒産させれば、確かに支払いを避けられます。

ただ、未払いの代金の支払いを避けるために、会社を倒産させ、別の会社で事業を継続させるのは、悪く言えば「合法的な借金の踏み倒し」です。

金持ちになる方法を教えているので、『金持ちになる』という趣旨からは、ずれていないかもしれません。

ノウハウの販売は言わば人気商売と同じで、「どれだけ支持されるか?」が重要です。

ここまで『金持ち父さん、貧乏父さん』を育てた会社に対して、そのような仕打ちをすることに、少なくても私は反感を抱き、今後『金持ち父さん、貧乏父さん』に関連するものを購入するのをやめようと思いました。

 

私の他にも反感を持った方も多いことでしょう。

それを考えれば、『金持ち父さん、貧乏父さん』ブランドのダメージは測り知れず、数年先のことまで考えれば、請求額よりも多い損失になるかと思います。

有名な分、別のブランドを立ち上げることも難しくなりますし、なぜ今回支払いをそこまで渋ったのか私には理解できません。

応援クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログへ 

Leave a Reply