最高のコンサルタントとは?


今まで何人もの経営コンサルタントを見てきましたが、誰一人として「すごい」と思える人がいませんでした。

本来会社によって全く異なるので、知的労働が多いはずなのに、本に書いているようなことをほぼそのままやるだけ。

これではケース毎のマニュアルさえあれば誰でもできるような仕事です。

当のコンサルタントは一生懸命やっているのかもしれません。

しかし、第三者から見ればそのように映るのだからしょうがありません。

誤解しないでいただきたいのは、経営コンサルタント全員がダメだと言ってる訳ではなく、あくまでも私の体験です。

 

経営コンサルタントはプロである以上、会社を良くできなければなりません。

しかし、世の中に本当に会社を良くできるコンサルタントがどれくらいいるのでしょうか?

ビジネスは価値の委譲です。

なんの役にも立たないコンサルタントなら価値を生み出していると言えるのでしょうか?

価値のない物にお金を支払うほど無駄なことはありません。

 

繰り返しますが、全てのコンサルタントがダメだと言ってる訳ではありません。

良いかどうかわからないコンサルタントを雇うなら、その前に最高のコンサルタントを試した方が良いという話です。

最高のコンサルタントとは、誰だと思うでしょうか?

「それは私です」と言いたいところですが、私よりももっと優れたコンサルタントがいます。

そのコンサルタントとは「お客様」です。

お客様の声を活用するというのはいろいろな本で書かれていますが、あえてその重要性を書きたいと思います。

 

焼き肉チェーン店の「牛角」がお客様の声を活用して成長したことは有名な話です。

ではなぜお客様の声は重要なのでしょうか?

商品やサービスを購入してくれるのはお客様です。

ですから、顧客心理を誰よりもわかっているのは経営コンサルタントではなく、お客様自身なのです。

誰よりも顧客心理がわかっている人がアドバイスをくれるのですから、これ以上のことはありません。

しかも、その最高のアドバイスを経営コンサルタントと比べると、微々たる経費でしてくれるのですから、費用対効果も最高なのです。

 

お客様の声の中でも特に重要なのがクレームや悪評です。

クレームと聞くと面倒だと思う方が多いでしょうし、悪評などは耳を塞ぎたくなるかもしれませんが、クレームと悪評にこそ改善のヒントが隠されているのです。

クレームは、顧客満足を高め、リピート率を向上させるヒントを与えてくれます。

しかも、サポートセンターを設置しておけば、わざわざお客様の方からタダでそのヒントをくれるのですから、これほどありがたいことはありません。

また、ユニクロを展開しているファーストリテイリングの柳井会長は、以前インタビューで次のようなことをおっしゃっていました。

「買わないお客様は、なぜ買わないのか考える」

普通なら、「どうやったら買うか?」ばかりを考えているかと思います。

しかし、柳井会長はその逆の発想なのです。

「なぜ買わないのか?」のヒントが詰まっているのが悪評なのです。

 

経営コンサルタントを雇うのもいいでしょう。

しかし、その前に最高のコンサルタントである「お客様」に聞いてみるのはいかがでしょうか?

応援クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログへ 

Leave a Reply