優秀な人材を確保するためには?2


 多くの企業で優秀な人材を育てられないのは、これらの理由です。

1.社員教育の改善策は、まずしっかり経営に関しての教育を行うことが必要です。

その知識を理解させるために、時々経営に関しての意見を聞けばさらに有効です。

そうすれば、経営者の視点から物事を考えるので良いトレーニングになり、さらに経営者から意見を求められたとなれば、モチベーションも上がるでしょう。

この時に、褒めてあげるのが大切です。

どんなに悪い意見でもけなしてはいけません。

けなしてしまうと自信を失い、モチベーションも下げてしまうからです。

悪い意見でも、どこか良い部分を探して褒めてあげた上で、改善点を指摘してあげると、社員も問題点が見えて改善しやすくなります。

2.人事評価の改善策は、人事評価に経営に関する知識も追加することを明言すれば、社員も昇進のために勉強をするでしょう。

その時に、どのような知識をどのように習得すればいいのかまで説明すると、より効果的です。

3.人材採用の改善策は、まず採用したい人材はどのような人材なのかを人事部に伝えます。

さらに、人事部の人材自体に経営に関する知識がなければ、優秀な人材か見極めることができないので、人事部の社員に対しての教育が必要です。

また、経営者に時間があるならば、人材採用に経営者自身が関わっても良いでしょう。

応援クリックお願いします
にほんブログ村 経営ブログへ 

Leave a Reply